ニキビ・ニキビ跡に効果的な方法は? 人によって違いがあるって

ニキビができて、最初は医師のところにいかず、自分で治療をしたいと考える人がほとんどじゃないでしょうか。ニキビ治療薬がドラッグストアでも売っているので、市販薬を買ってホームケアをしようと考える人が多いです。

やはり皮膚科に行って治療するのがベストとはいいますが、市販のニキビケアも手軽に行えて人気です。

・ニキビ用塗り薬で治す

まず行いたいのが、ニキビ用塗り薬で行う治療。50種類以上あると言われるニキビ治療薬、「クレアラシル」をはじめとして、「ペアアクネクリームW」や「「イハダアクネキュアクリーム」「メンソレータム」「エスカメル」……。各メーカーごとに販売しています。

クレアラシルだと、レキットベンキーザージャパンから発売していて、イオン、レゾルシンが配合されています。製品ごとにニキビにいいと言われる有効成分が違っていて、イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール、オキシテトラサイクリン塩酸塩、ヒドロコルチゾンなど、自分の肌に合う製品が違うはずですよ。

・チョコラBBで治す

食べもので治療する方法もありますが、それだと好きなものが食べられないので、栄養が偏りがちな毎日の食事を変えるため、サプリメントで栄養補給をして治療する方法があります。

チョコラBBは、夜更かし、ストレスでのニキビの原因になるビタミンB2を補給してくれます。活性型ビタミンB2を配合していて、通常のチョコラBBプラスのほか、チョコラBBピュアはビタミンC入りでコラーゲン生成にも役立ちます。チョコラBBは有名製品ですが、似たビタミンB系のサプリメントを服用することもできます。

・オロナイン軟膏で治す

スキンケアをした後で、ニキビの気になる部分にオロナイン軟膏を塗るやりかたでニキビが軽減できるとされています。ばんそうこう、パッチなどを貼るといいでしょう。人によっては改善が見られないなど個人差もあります。

・ハトムギ化粧水で治す

ニキビに効果的と言われていますが、ニキビ治療に直接の効果があるとは言い切れません。洗顔→化粧水のスキンケアのひとつとして取り入れる分には有効。

ニキビに効果的なアプローチは人によって違います。一番、効果が見えやすいのはニキビ治療薬を使うこと。「医薬部外品」の有効成分が配合された塗り薬は、他製品で治療するよりか効果が高め。

といっても、皮膚科に行くとより専門的な診断をしてくれるので、ひどくなるようなら、お医者さんに行った方がいいかもしれないですよね。ニキビができた!と思ったらすぐ対処するのはいいことです。

 

プロアクティブ+はニキビ跡にも効果的か?症状によるって?

ニキビ治療薬として有名なプロアクティブ+。処方を見つめなおした3STEPシステム。ただ、このプロアクティブ+、人によって効果があった、なかったの差が激しいです。
60日の返金保証もあるので、人気のコスメですが、「こんなニキビに悩んでいる人」は効果が高いと言いきることができます。
プロアクティブ+は、肌への効果、やさしさにこだわりを持って開発されたニキビケアシステムです。CMでも人気ですよね。
有効成分を毛穴の奥まで届ける「スマートターゲットテクノロジー」を採用し、ニキビに効果的な成分を配合。透明感のある肌に導きます。
・薬用洗顔料
ソフトスクラブ入り 殺菌作用の高いサリチル酸を配合
・薬用美容液
スマートターゲットテクノロジー 毛穴をひきしめて、透明感のある肌にします。サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム アロエ液汁も配合されています。
・薬用クリーム
サリチル酸、ビタミンC誘導体、ブドウエキス、ユキノシタエキス
このほか、追加して使いたいのなら薬用化粧水、目元用美容液、ボディ用ニキビには薬用ボディソープの2製品があります。化粧水にもグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、それぞれ配合されている有効成分は違います。
ここで注目したいのは、「サリチル酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」。
薬用洗顔料の「サリチル酸」に薬用美容液の「サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム」、そして薬用クリームの「サリチル酸、ビタミンC誘導体」ですが、
サリチル酸…角質を薄くして柔らかくするはたらきがあります。
グリチルリチン酸ジカリウム…ニキビの炎症を鎮静化してくれるはたらきがあります。
ビタミンC誘導体…ニキビ跡の原因になるメラニンの予防をするはたらきがあります。
これらの成分を見ていてわかることは、ニキビでも重症化していない状態なら効果があり、重症化のニキビには効果があまりなさそうだということ。よく、ニキビが重症化したら皮膚科に行くように言われます。ビタミンC誘導体は、「ニキビ跡の原因、メラニンを予防する」はたらきがありますが、ニキビ跡になった状態を改善するはたらきはありません。サリチル酸にしても同様。グリチルリチン酸ジカリウムにしても、ニキビ跡への改善ではなくてニキビによる炎症をやわらげるはたらきです。
ニキビも白ニキビ、黒ニキビだと自宅ケアで大丈夫と言われるのは、専用製品でニキビに効果的な成分が配合している商品を使って「ニキビ跡」になる前に対策をすることが必須だからです。

いくらかかる?湘南美容外科でのニキビ治療金額を資産してみた!

クレーターのようなぼこぼことしたニキビ跡にもなってしまうと、自宅でできるケアは難しいものではないでしょうか。

ニキビ跡は、赤み、色素沈着ではなくて肌の深部までダメージとなってしまっています。自然となおっていくものはほぼありません。白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビもあり、赤ニキビだとかなり重症で深刻。そこで、専門の治療をした方がいいと言われます。

ただし、皮膚科、美容皮膚科に通うとなると払うことができるのか料金が気になるものです。そこで、ニキビ治療を行っている美容外科の湘南美容外科で調べてみました。

美容皮膚科では自宅治療では補いきれない治療内容があり、月々でも投資することでキレイな肌を手に入れやすいです。

湘南美容外科でできるニキビ治療は、

・ケミカルピーリング
・イオン導入
・ロアキュタン
・ベビースキン+イオン導入
・アクネライト
・ダーマペン

の6種類。そして、それぞれの治療法は異なります。

簡単に説明すると、角質層をはがれやすくする「ケミカルピーリング」に、電気の力で薬剤を皮膚に浸透させる「イオン導入」、そしてビタミンAの一種でもあるイソトレチノインの薬剤「ロアキュタン」、さい帯血の力で皮膚組織の再生を促す「ベビースキン+イオン導入」、光線治療の「アクネライト」に、微細な針を使って真皮に薬剤を注入する「ダーマペン」に……。専門外来でしか治療できない内容もあります。

それぞれの価格は、ケミカルピーリング4860円、イオン導入・トラネキサム酸小が6070円に、ダーマペンはスタンダード19800円と決して安い金額ではありません。

湘南美容外科のおすすめ治療法としては

・イオン導入ベビースキン顔1回 23800円
・ケミカルピーリング 4860円
・ロアキュタン 880円

の3つの組み合わせ。合計で29540円の価格になるため、少々割高に感じます。この3つの組み合わせだとイオン導入のベビースキンが23800円で高いので、これを通常のイオン導入にすると6070円の金額です。この組み合わせだと、11810円。1ヶ月に1度通うとして1万円の予算での金額なら通いやすいような気がします。

とはいえ、1ヶ月に1度でいいのか、1ヶ月に2度通うべきなのかはニキビの症状にもよります。医師と相談しつつ、払える金額で治療に通ってみてください。学生や社会人はニキビ跡治療を美容のステップと割り切って金額を払ってみるのもいいですね。