ニキビ跡にオールインワンジェル!手間をかけずに治療する

ニキビ跡のケアというと、きちんと皮膚科に通って、レーザー治療をしなくてはいけないイメージがあります。
しかし、時短ケアでも、オールインワンジェルでもニキビ跡治療ができます。
オールインワンジェルのニキビ跡改善効果が参考になるのですが、手間をかけなくてもニキビ跡治療ができるんですね。
まず、ニキビ跡に効果的な成分は……
・グリチルリチン酸ジカリウム
ニキビの炎症を抑えるはたらきがあります。肌荒れしやすく化粧品を選ぶ人にもおすすめ。敏感肌の人にも使えます。
・ビタミンC誘導体
炎症を促進する活性酸素を取り除いてくれます。メラニン色素の生産を抑えます。
・プラセンタエキス
ニキビ、赤みの炎症をおさえます。アンチエイジングにも使われます。
もちろん、グリチルリチン酸ジカリウム単体でも使うことができますが、これらは1つだけじゃなく、2つ、3つが一緒に入っているクリームや化粧水を使うことで効果が「より期待」できるようになります。
グリチルリチン酸ジカリウムが炎症を抑え、ビタミンC誘導体が活性酸素を取り除き、プラセンタがニキビや赤みを抑えてくれるわけですから。
そして、成分多く入っているオールインワンジェルは、ニキビ対策にも効果的といえるわけです。ニキビ跡に「複合的」に効くのがオールインワンジェル。
 しかもオールインワンジェルは、スキンケアが時短できて、この時短できる=ニキビ治療にぴったりと言う声も……。
ニキビに一番いけないのは、摩擦などでこすりすぎること。特に赤ニキビができてしまったら、気になっても触らないように言われます。白ニキビ、黒ニキビも自分では潰さないように、皮膚科に行くようにすすめられます。つまり、ニキビに大切なのは「触らない」こと。肌への刺激が一番よくないです。
そのため、化粧水、乳液をつけて手の摩擦が起こってしまうのもよくなく、手早く、かつ適切な栄養分を肌に行きわたらせたいものです。
そんな時に使えるのがオールインワンジェル。
上で紹介した3つの成分が入ったオールインワンジェルを使えば、ニキビ跡の肌のスキンケアとしても効果的。何回も肌に触ってしまうことで余計な刺激が発生します。
摩擦が原因だった場合は簡単スキンケアにすることで、みるみるうちにニキビ跡がよくなってくることも……。もちろん、あまりひどいようなら皮膚科に行くことも重要ですが、オールインワンジェルは「使える」アイテムであることは間違いありません。

仕事が忙しい時にこそシンプルケア!オールインワンコスメが便利

忙しい現代人、仕事が忙しい時にこそ、スキンケアが十分にできなくなるので肌荒れと戦うことになります。ニキビができたり、肌荒れになったり、といっても仕事の繁忙期には丁寧にスキンケアをすることができなかったりもしますね。サプリメントを飲んだりしても対策にはなりますが、やっぱりスキンケアをしっかりできた日と、全くできていない日では肌に差が出てきてしまいます。

スキンケアの定番は、

メイク落とし→洗顔→化粧水→乳液(クリーム)→美容液

です。

順番は、ブランドによって乳液やクリームの前に美容液が来たり、乳液先行型美容法を取り入れているスキンケアメーカーだと化粧水の前に乳液が来たりします。そして、丁寧ケアだと洗顔の後、化粧水の前にミスト化粧水や乳液など「ブースター」、「導入液」と言われる1STEPを加えたりもします。洗顔の代わりにパックを置き換えたりもします。

忙しい時には、これらのSTEPの見直しをしてみましょう。簡略化します。

メイク落としの後の洗顔を省くことができたりもしますが、それよりも簡単なのがオールインワンアイテムを取り入れること。オールインワンアイテムを使うことにより、化粧水、乳液(クリーム)、美容液の3STEPを1つで叶えることができます。

仕事が忙しい時には、スキンケア全てを省きたくなりますが、そうしてしまうと翌日の肌も荒れてしまうもの。シンプルケアのオールインワンアイテムも買っておきましょう。

どんな商品があるかというと

・シートマスク

サボリーノ「目ざまシート」、クオリティファースト「オールインワンシートマスク」、肌研「白潤冷感ジェリーインマスク」など

・オールインワンジェル

パーフェクトワン「オールインワンジェル」、アスタリスク「アスタパーフェクトゲル」など

・オールインワンクリーム

ユーグレナone「オールインワンクリーム」、メディプラス「メディプラスゲル」など

シートマスクはお風呂上がりにドライヤーで髪の毛を乾かす間に顔に貼っておけばスキンケア完了。かなり手軽に使うことができるオールインワンアイテムです。対して、オールインワンジェルやオールインワンクリームは、朝起きてすぐに顔に塗って、そのまま朝食の支度をすることもできます。

オールインワンジェルは商品によって、多めに顔やデコルテに塗ってお風呂に入るとパック代わりに使える方法もあり、オールインワンコスメも朝用、夜用を使い分けるのなら違う質感の商品を買うのもおすすめです。