ニキビは皮膚科へ!保険診療ができる内容は……?

ニキビは黒ニキビ、白ニキビであっても早めに治療した方がいいです。皮膚科、美容皮膚科などかかりつけの医療機関を作っておきましょう。そうすると、ニキビができやすい体質の人も、すぐに相談ができます。

ニキビ治療は皮膚科に行くことが多いですが、軽度だと保険診療ができる内容もあるので、まずは調べてみてください。

皮膚科で治療ができるものとして

・あざ
・ほくろ
・にきび
・いぼ
・できもの
・皮膚炎
・手湿疹
・水虫

があります。意外と多いことがわかるでしょう。ほくろも、コンプレックスになっている場合にはレーザーで焼き切る治療ができます。

にきびも、症状に応じて対応してもらえます。にきびの種類には、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビとあり、色で症状が分けられます。軽い状態の白ニキビや黒ニキビの時には自分で治療したいと感じてしまう場合もあります。ですが、この白ニキビ、黒ニキビの時に「こそ」皮膚科に行くのをおすすめします。

その理由としては、にきび治療をしたい時に、保険診療をしているかどうかが重要となってくるからです。保険診療をしている=治療費が安くなるということです。早期治療であればあるほど、治療費が安く、短期間でニキビもなくなります。

いわゆる「ニキビ跡」と呼ばれるへこんだあともレーザー治療でできますが、そうなると、専門機材が必要。そして自費治療です。あらかじめ、医院に問い合わせてレーザー治療ができるかどうかを聞いておく必要もあります。料金に不安があるのなら1回いくらなのかを確認しておかなくてはいけませんね。

赤ニキビはレーザー治療、そして長期間。自費診療。これを覚えておきましょう。

保険診療でできることとしては、

・内服薬
抗生物質、ビタミン剤を飲みます。漢方薬で治療することもあります。

・ぬり薬
皮膚のターンオーバーに合わせて外側からのケアもしていきます。

・面圧
白ニキビ、黒ニキビに限り、炎症前に圧出。つぶして押し出す方法です。

があり、赤ニキビになる前にしっかり治療ができます。

 

ニキビの原因は人によって違うので、思春期には皮脂分泌が盛んになることで起こります。ストレスでもなります。ホルモンバランスの乱れでもなります。

原因が「これ」とわからない分、お医者さんの二人三脚で治療していくことも考えてみましょう。にきびが赤ニキビとなってしまうと、治療したとしても残ってしまうことも……。誰もが言うことですが「治療は早めに」がおすすめです!

 

 

仕事が忙しい時にこそシンプルケア!オールインワンコスメが便利

忙しい現代人、仕事が忙しい時にこそ、スキンケアが十分にできなくなるので肌荒れと戦うことになります。ニキビができたり、肌荒れになったり、といっても仕事の繁忙期には丁寧にスキンケアをすることができなかったりもしますね。サプリメントを飲んだりしても対策にはなりますが、やっぱりスキンケアをしっかりできた日と、全くできていない日では肌に差が出てきてしまいます。

スキンケアの定番は、

メイク落とし→洗顔→化粧水→乳液(クリーム)→美容液

です。

順番は、ブランドによって乳液やクリームの前に美容液が来たり、乳液先行型美容法を取り入れているスキンケアメーカーだと化粧水の前に乳液が来たりします。そして、丁寧ケアだと洗顔の後、化粧水の前にミスト化粧水や乳液など「ブースター」、「導入液」と言われる1STEPを加えたりもします。洗顔の代わりにパックを置き換えたりもします。

忙しい時には、これらのSTEPの見直しをしてみましょう。簡略化します。

メイク落としの後の洗顔を省くことができたりもしますが、それよりも簡単なのがオールインワンアイテムを取り入れること。オールインワンアイテムを使うことにより、化粧水、乳液(クリーム)、美容液の3STEPを1つで叶えることができます。

仕事が忙しい時には、スキンケア全てを省きたくなりますが、そうしてしまうと翌日の肌も荒れてしまうもの。シンプルケアのオールインワンアイテムも買っておきましょう。

どんな商品があるかというと

・シートマスク

サボリーノ「目ざまシート」、クオリティファースト「オールインワンシートマスク」、肌研「白潤冷感ジェリーインマスク」など

・オールインワンジェル

パーフェクトワン「オールインワンジェル」、アスタリスク「アスタパーフェクトゲル」など

・オールインワンクリーム

ユーグレナone「オールインワンクリーム」、メディプラス「メディプラスゲル」など

シートマスクはお風呂上がりにドライヤーで髪の毛を乾かす間に顔に貼っておけばスキンケア完了。かなり手軽に使うことができるオールインワンアイテムです。対して、オールインワンジェルやオールインワンクリームは、朝起きてすぐに顔に塗って、そのまま朝食の支度をすることもできます。

オールインワンジェルは商品によって、多めに顔やデコルテに塗ってお風呂に入るとパック代わりに使える方法もあり、オールインワンコスメも朝用、夜用を使い分けるのなら違う質感の商品を買うのもおすすめです。