ニキビ・ニキビ跡に効果的な方法は? 人によって違いがあるって

ニキビができて、最初は医師のところにいかず、自分で治療をしたいと考える人がほとんどじゃないでしょうか。ニキビ治療薬がドラッグストアでも売っているので、市販薬を買ってホームケアをしようと考える人が多いです。

やはり皮膚科に行って治療するのがベストとはいいますが、市販のニキビケアも手軽に行えて人気です。

・ニキビ用塗り薬で治す

まず行いたいのが、ニキビ用塗り薬で行う治療。50種類以上あると言われるニキビ治療薬、「クレアラシル」をはじめとして、「ペアアクネクリームW」や「「イハダアクネキュアクリーム」「メンソレータム」「エスカメル」……。各メーカーごとに販売しています。

クレアラシルだと、レキットベンキーザージャパンから発売していて、イオン、レゾルシンが配合されています。製品ごとにニキビにいいと言われる有効成分が違っていて、イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール、オキシテトラサイクリン塩酸塩、ヒドロコルチゾンなど、自分の肌に合う製品が違うはずですよ。

・チョコラBBで治す

食べもので治療する方法もありますが、それだと好きなものが食べられないので、栄養が偏りがちな毎日の食事を変えるため、サプリメントで栄養補給をして治療する方法があります。

チョコラBBは、夜更かし、ストレスでのニキビの原因になるビタミンB2を補給してくれます。活性型ビタミンB2を配合していて、通常のチョコラBBプラスのほか、チョコラBBピュアはビタミンC入りでコラーゲン生成にも役立ちます。チョコラBBは有名製品ですが、似たビタミンB系のサプリメントを服用することもできます。

・オロナイン軟膏で治す

スキンケアをした後で、ニキビの気になる部分にオロナイン軟膏を塗るやりかたでニキビが軽減できるとされています。ばんそうこう、パッチなどを貼るといいでしょう。人によっては改善が見られないなど個人差もあります。

・ハトムギ化粧水で治す

ニキビに効果的と言われていますが、ニキビ治療に直接の効果があるとは言い切れません。洗顔→化粧水のスキンケアのひとつとして取り入れる分には有効。

ニキビに効果的なアプローチは人によって違います。一番、効果が見えやすいのはニキビ治療薬を使うこと。「医薬部外品」の有効成分が配合された塗り薬は、他製品で治療するよりか効果が高め。

といっても、皮膚科に行くとより専門的な診断をしてくれるので、ひどくなるようなら、お医者さんに行った方がいいかもしれないですよね。ニキビができた!と思ったらすぐ対処するのはいいことです。